3日出ないと便秘の可能性が?

3日出ないと便秘の可能性が?

便秘について

 

3日出ないと便秘の可能性があります。

 

便秘とは、排便が3日以上ない状態や、排便を毎日しているのに残便感がある状態のことを言います。 もちろん個人の体質、環境によって差はありますが、食べたものを消化し、排便するまでの時間は24時間が目安!

 

腸内の働きが良好なら、1日1回スッキリと排便できるはずです。 また、便秘が続くとカラダの抵抗力も低下しやすくなるため、排便は毎日の健康に関係する大切な行為であることを覚えておきましょう!

 

健康的な大腸の働き

 

大腸の長さは1.5メートル!もります!食道、胃、小腸の続きにあり、消化作用の最後の働きを担当しています。
さまざまな器官を通ってどろどろの状態で大腸にやってくる食べ物の残りかすは、大腸を通り抜けるうちに水分が吸収されて固まり、便となって排泄されていきます。
この際、腸内が伸縮する「ぜん動運動」が活発なほど、排便はスムーズ!大腸が元気に働いている証しです。
しかし、この「ぜん動運動」が低下してしまうと便が出にくくなり、便秘状態となってしまうのです。

 

 

便秘の種類

 

「便秘」と一口にいっても、その原因や症状、対処法は多種多様です。
生活習慣の乱れに起因するものから、命に関わる重大な病気が潜んでいるものまでがあるので、「たかが便秘」と勝手な判断で対処するのは危険を伴います。便秘対策をする前に、便秘の種類とそれぞれの特徴を知り、適切に対処するようにしましょう。

 

便秘は、まず機能性便秘と器質性便秘の2種類に大別することができ、さらに機能性便秘はより細かく分類することができます。

 

1.機能性便秘

機能性便秘は、日常の食生活や生活習慣などが原因となって起こる便秘の総称です。
直接的な要因としては大腸の機能の低下が挙げられますが、病気に由来するものではないことが最大の特徴といえます。

 

 

(1)弛緩性(しかんせい)便秘

弛緩性(しかんせい)便秘は最も代表的な便秘で、大腸の筋肉のゆるみが直接的な原因です。
便を押し出す力が足りずに便秘状態となるもので、女性や高齢者によく見られます。

 

(2)痙攣(けいれん)性便秘

痙攣(けいれん)性便秘はストレスに起因することの多い便秘で、自律神経の乱れから大腸が正常に働かなくなり、便を押し出すための運動が激しくなりすぎて、痙攣したような状態となるものです。
便秘と下痢を交互に繰り返すのが代表的な症状です。ほか、強烈な下腹部痛も痙攣性便秘の特徴です。

 

2.器質性便秘

器質性便秘は、腸や胃、肛門といったほかの器官の疾患に由来する便秘です。
機能性便秘のような生活習慣によるものではないため、長期化すると命に危険が及ぶ場合もあります。
症状は、原因となっている病気によって異なりますが、便秘に伴って血便や嘔吐、激烈な腹痛などが発生します。
これらの症状が見られる場合には、一刻も早く病院へ行って診察してもらう必要があります。

 

 

慢性便秘と急性便秘

便秘を期間の長さで分類すると、旅行や病気等で起こる一過性の急性便秘と、1カ月以上続く慢性便秘に分けられます。

 

(1)慢性便秘

単に「便秘」といった場合は、この慢性便秘のことを指すのが普通です。医学的に厳密な定義はありませんが、「週に2日以上排便がない」状態が1か月以上続くと、慢性便秘だとされます。
一般的に「便秘」というと慢性便秘のことで、更に慢性便秘は基本的に機能性便秘のことを指します。

 

(2)急性便秘

急性便秘は一過性便秘とも呼ばれ、旅行や生活環境の変化などでごく短期間だけ便秘の症状が現れます。便秘の原因が他の疾患の場合、器質性便秘のことを指します。

 

便秘の解消法

 

便秘も例外ではなく生活習慣が大きく関わり、生活のリズムが崩れると便秘の症状として現れやすくなりますので、便秘を解消していくには生活習慣を見直すことが大切です。

 

食生活に気をつける 最も多く見られる問題は食物繊維の不足です。
不溶性の食物繊維は水分を溜め、便を軟らかくして腸の通過をスムーズにしてくれます。
また便のボリュームを増やして腸の蠕動運動を刺激、腸内環境を整える善玉菌を増やす働きがあります。

 

1.食事の改善

なるべく食物繊維を多く含む野菜・海藻・きのこなどを選んで、意識的に食事に取り入れるようにしましょう。
忙しくても朝食はしっかり食べるようにしましょう。

 

2.規則正しい生活

睡眠不足などによる不規則な生活は、ストレスも多く、自律神経の乱れを引き起こしますので、便秘の誘因となります。
つまりは、睡眠を十分にとって規則正しい生活をすることが、便秘にならない方法のひとつといえます。

 

3.運動不足解消

便秘を解消するには、激しい運動は必要なく、ウォーキングでも十分に効果があります。
普段の生活の中で、なるべく歩く機会を増やしましょう。 運動不足は、血行を悪くし、筋力の低下を招きます。
普段から意識的に、腹式呼吸やストレッチを行うようにすると良いでしょう。

 

便秘を訴える人の大半は生活習慣やストレスが原因で起こる慢性便秘ですが、さまざまな病気か原因で起こる便秘があるということも確かです。

 

こういった生活習慣の見直しを行なっても、便秘が改善しない場合は病院に受診してください。

 

朝から旦那や子供の朝食の準備、子供を送り出し、自分の出勤準備など朝から大忙し・・・

 

もっと、手軽に効果的なことは無いのでしょうか? という方のために調査しました。

 

便秘に効果的なもの

酵素・・・・・食べたものをすぐに消化して余計な物を残さない働きをします。
乳 酸 菌・・・・・消化後のお腹の中の環境を整える効果があります。
食物繊維・・・・・お腹の中をお掃除してくれます。

 

以上の成分をバランスよく配合された商品を選んでみました。

 

是非、メニューをご参考にしてください。


お勧め商品サイト

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク集

デザイナー・ライターが中心のクラウドワークス

好きな時間や場所で働け、多くの種類のお仕事があり、様々な方にご利用いただいております。
スタイルキーパー」座るだけで背筋がスッキリ

椅子などに敷いて座るだけで自然に背筋が伸びて姿勢が良くなるサポートクッション「スタイルキーパー」です。
朝のルテイン&プラセンタは業界最高レベルの配合量

ひとみのボンヤリ、ショボショボでお悩みの【78%以上】もの方が変化を感じたサプリメントです。
美ボディ形成プロテイン”FIXITデイリーベーシック”

FIXITデイリーベーシックでは、美ボディ、細マッチョ形成をサポートする糖質をギリギリまで抑えたプロテインです。
北の大地の夢しずくでグッスリ快眠

薬に頼らずぐっすり眠れてスッキリ快眠!北海道産アスパラガスによる不眠対策商品『北の大地の夢しずく』
お家の中にはダニが1万匹近く繁殖しているかも?

家の中には、ハウスダストの中に何種かのダニが生息しています。
プラズマローゲンは認知の低下抑制成果

65歳以上の25%が認知の低下がみられます。その原因はプラズマローゲンの減少にあったのです。
こんにゃく米で糖質・カロリーが50%カット

普通のご飯と食感が変わらない、 美味しく無理なく我慢することなくダイエットが続けられます。
働き方改革の行方は?

多様な働き方を進め、中間層の厚みを増し、格差の回避する、働く人の立場・視点での改革。
ラクーダの買取は「全国対応」、「無料査定」、「最高額提示」

ラクーダは特徴「全国対応」、「無料査定」、「最高額提示」の仕組みでご利用いただけます。